スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【初音ミクAppend】rain✿call【オリジナル】



お久しぶりの投稿です。
ミクさん6曲目です。

アマガエルが雨降り前に一斉に鳴き出すという、 レインコール(雨鳴き)が曲タイです。
しょぼ~んなヒマワリと鳴けないアマガエルの恋やいかに…

今回はシンプルな8ビートなブリティシュな感じで可愛くしましたの。
そして、イラストは絵師デビューな但馬脩さんが2分でジョバンニしてくれました!

そんな私もしょぼ~んな感じでお仕事頑張ってます。
たまってる曲を早くうpしたいこのごろ、残暑お見舞い申し上げます。
スポンサーサイト

rain✿call【歌詞】




rain✿call

太陽が大好きな君と
雨降りが大好きな僕は

相容れぬ未来で
架空のデートを繰り返して
果てしない宇宙を見ていた
いっしょに

レインコートの擦り切れてるヒマワリ
声の出せないアマガエル
お互いに出会えた事がはじまり
あま粒が少し落ちた

なんとなく切なくなる朝も
大好きで眠れない夜も

行きつけのベッドで
交わした言葉に傷ついて
また好きになっていくんだ
やっぱりね

水たまりの上にあるヒダマリ
いろんなところで繋がっていて
小さな幸せを見つけるたびに
あま粒で少し濡れた

あおく、ひろい
地球のどこかで
小さく叫んでも
遠い空へ聞こえていますか?

レインコートの擦り切れてるヒマワリ
声の出せないアマガエル
お互いに出会えた事がはじまり
あま粒が少しおちた
あま粒が降り始めた

【初音ミクAppend】つづら折り【オリジナル】



震災はショックでした。
自分は関西なので何も出来ないのがもどかしいです。
阪神の時は学生で、歩いて神戸に乗り込みましたが、今は社会人なのでボランティアにも行けません。
被災地の皆様頑張ってください!

こんな時ですが、かなり久しぶりの投稿になりました。
2ヶ月もかかってしまいましたw
twitterもあまりつぶやいていなかったのでかなり浦島太郎状態です。
ストレスで手荒れがヒドいです。

今回の曲は、京都鞍馬の渦桜とつづら折りという坂道がテーマです。
鞍馬寺は幼き牛若丸が預けられて天狗に修行をつけてもらったところです。
幼年の義経(牛若丸)は、父と死に別れ母常磐と逃避の旅の途中、 平氏に捕まってしまいます。
母は平清盛の寵愛を受け、その代わり幼い子の助命を乞い, 牛若丸は八歳の時、鞍馬寺に預けられました。
鞍馬に向かう幼い牛若丸は雪の中、何度も転び、先を行く母を見つめ、悲しい思いをグっとこらえていたでしょう。その後はみなさんが知っている立派な伝説的人物になります。

つづら折りとは最短距離を使わずに、グネグネ山をゆるやかに登っていく坂道です。
清少納言が「枕草子」で「近うて遠きもの」と、もどかしい思いを表した九十九折(つづらおり)坂で、山門から本殿金堂まで約1km続きます。今はケーブルで一瞬で登れてしまいます。鞍馬にお出かけの際は是非この坂をご利用下さい。

まっすぐいけばすぐなのに、遠回りしてゆっくり行って、途中で色々なものを発見し、頂上に着いた時に美しいものがある。
そんなゆるい歌詞です。
今回の震災にこのイメージが重なりました。
桜のように美しく復興して欲しいと願っています。


ところでボーパラ5に出します。
おそらく5曲入り200円とか…すみませんw
クロスフェードいそがねば!

VOCALOID PARADISE 5
2011/03/27 京都みやこめっせ
カ-12 白ひげ


↑ここにおります

【初音ミクAppend】つづら折り【オリジナル】歌詞



渦桜咲く季節に、白くのびる影
闇部(くらぶ)を照らす道標、近くて遠く

溜込んできた悲しみが淡く流れ出て
霞おびてく心を洗い拭った

遠まわりして突然降り出した雨が
新しい景色を教えてくれたこと、忘れないでしょう

夢をみたんだ、夢のなかで
吹き抜けてゆく風より強く
ひらひらと舞い上がる花弁を集めたんだ

空をみたんだ、坂の麓で
広がる世界が怖かった
でも、ゆっくりと登っていけばいいよね?


表皮を蹴って芽吹くのが遅かったなと
悔やむのがいつものことで萎んだりして

何度も転んだりして何処へ行くのだろう
何も分からない九十九(つづら)の真ん中で

遠まわりして見つけた路傍の水に
寒い冬を凍えたありのままの私を映したのでしょう

夢をみたんだ、夢のなかで
薄紅に染まった頬を濡らして
ひらひらと舞い踊る花弁を咲かせにいくんだ

空をみたんだ、坂の途中で
広がる世界がただ美しく
少しだけ不安にはなるけれど

【初音ミクAppend】46610【オリジナル】

今更ですが、はやぶさ感動しましたね。
日本の宇宙開発技術も素晴らしいのですが、何だか魔法のようにも思え、不思議な気持ちになります。
サン=テグジュペリの、『星の王子様』で感じた、現実空間(地球)と、あるのか分からない星との移動が、はやぶさのストーリーに重なりました。大きさも小惑星イトカワと似ていますよね。
ちょうど調べてたら『星の王子さまに会いに行きませんか』キャンペーンがあり、88万人の名前が入ったターゲットマーカーがイトカワに留まっているそうです。
自分たちの夢とか存在が、想像もできないような場所に行く。過酷であっても目的の場所へ花を咲かせにいく。
そんな、普段忘れているようなことを思い起こさせてくれるこれらのストーリーを曲にしてみました。



ミクさんは4作目。Appendのsoftで、はっきりしない声を前に出してくるのに苦労してしまいましたし。
曲タイの『46610』は星の王子様に出てくるベシドゥーズの惑星番号です。B612 (46610 Bésixdouze←フランス語読みでベシドゥーズ)



イラストは何だかハートきゃっちな感じですが、子供ミクさんは少年ぽく何処見てるか分からない表情で描きました。
紙飛行機をはやぶさに見立てて!
クリックするとサイズでかいのでご注意です。

Profile

ナナホシP (M.A.T.)

Author:ナナホシP (M.A.T.)

オリジナル曲作ったりイラスト描いたりしてます。

メールはコチラまで↓
bananasbanyanyas☆gmail.com
☆を@マークにして下さい

Nikodo

PIAPRO


M.A.T.
by MoAoT

Pixiv

Recent Entries

Monthly archive

Categories

Access counter

BlogMail

このブログの更新情報をメールで受け取ることができます。メールアドレスを入力してください


Powered by ブログメール
プライバシー

RSSリンクの表示

検索フォーム

Link

FC2Blog ranking

QRコード

QRコード

Chord book

amazon

Copyright © ナナホシP (M.A.T.)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。